企業分析をしっかりしておこう!

子育てに協力的なのかを確認する

 女性としてみておきたいのが、子育てに協力的なのかを見ておくことです。今はまだ独り身である人でも、今後の事を考えて企業が子育てと仕事の両立を支援してくれるかを確認しましょう。子供を育てることに協力的、理解がある企業こそ、女性を大切にしてくれるという可能性が高いです。

 確認の仕方としては、まずは応募する企業に出産育児休業制度があるかを確認するといいです。また、ただ単に制度があるだけでは意味がありませんので、実際の取得率も合わせて確認したい点です。面接対策の1つとして頭に入れておきましょう。

 実際に、どのくらいの人数の人がその制度を利用し、職場復帰をしているのかは重要です。また、出産育児制度を設けていたとしても、明かに上のポジションの人だけ歯科所得出来ない可能性があります。しかし、大切なのは、これから伸びる下のポジションにいる社員にも平等に制度が与えられているかというポイントではないでしょうか。

 実際に、会社に復帰する、復帰できるかと言う点は個人の問題ですが、制度を使わせてくれなければプライベートの生活にも響いてきます。企業での制度が得られないからと言う理由で、妊娠、出産を遅らせるのも良くない話ですからね。

 この様に、女性のライフスタイルの変化に理解を示してくれる企業なのかは、応募の際にでも子育て制度を見て確認しておきたい内容です。とくに1つの会社で長く働きたいという人には、絶対に見ておきたいポイントですね。