働く前にしておきたいこととは?

女性として働くという覚悟を持つ

 時代はすでに21世紀、経済大国との名も高い日本。新規ビジネスが続々登場しており、仕事探しはそこまで難しくないようにも見えます。しかし、女性が働くための場所という意味合いでは、日本はまだまだ後進国です。男女同権が声高に叫ばれている一方で、仕事探しや職場での女性の立場は、依然として男性よりも一歩も二歩も低いものとなっています。

 また、女性のほどんとが経験する、妊娠・出産・育児にも、十分な理解がないのが日本の現状です。これらの人生イベントは決して責められるべきものではありませんが、仕事探しをする際には不利な要素となってしまうことがあります。

 また、せっかく職を得られたとしても、妊娠したり、育児で忙しくなった場合、退職を進められたり、または自分から離職することを余儀なくされる女性は本当に多いのです。家庭の事情で仕事をしなければ、生活ができない状態でも会社側が理解してくれないことも多く、女性は不利になることもあるでしょう。

 そのため、仕事探しを始めるときには、こうしたリスクを想定しながら活動を進めていく必要があります。とても口惜しいことではありますが、今の現状ですと国レベルでの制度が変わらない限り、女性でも自分の身は自分で守らなければなりません。自分の条件に合う会社をしっかりと探し納得のいく企業へ転職したいですね。

働く前に準備をしておきたいこと

 男性とは異なり、妊娠や出産、育児を経験する女性は、長期休暇を取る機会がその分多くなります。もちろん、休暇を取らず、ぎりぎりまで現役で働く女性もいるでしょう。しかし、やむを得ず長い休みを取る場合には、その期間中の過ごし方についても、視野に入れておく必要があります。

 資格を取得したりそのための勉強をしたりなど、すべきことはたくさんあります。また、担っている仕事を引継ぎするのであれば、そのためのマニュアルを作成しなければならないかもしれません。女性として働く以上、念の為にこうした事態が発生すると予想しながら仕事探しを進めていきましょう。