女性だからこそ気をつけておきたい入社後の注意点とは?

男性社員に過剰に反応しない

 女性がどんどんと社会に進出することにより、あまり男性と区別されないようになってきてはいますが、それでも性別が違うというのは間違いありません。それによって入社後の注意点も若干異なってくるでしょう。

 女性だらけの職場の方が少ないとは思いますが、もし男性がいる会社に転職するのであれば、男性社員には過剰に反応しない方がいいでしょう。いやらしい意味ではなく、性別を意識しないことが大事。過剰に意識すれば、それは他の社員との間に壁を作ってしまうことにもなり、働きにくくなってしまいます。

 馴れ馴れしくしてくる男性社員、過剰なセクハラをしてくる男性社員に対しては壁を作っても仕方ありませんが、普通に接しようとしている男性社員との間には壁は作らない方が自分にためにもなるでしょう。

女性社員も過剰に意識しない

 女性ばかりの職場に転職する場合、あるいは男性も女性も既に働いているような職場に転職する場合もですが、同性、つまり女性の社員に対しても過剰な意識を持たないようにしたいところ。

 これは、変に仲間意識を持ったりしない方がいいということです。女性特有の派閥間の争い、グループ間のにらみ合い、こういったものは本当に面倒。入社後すぐにそれに関わってしまうと、せっかく転職したのに人間関係のいざこざでまた転職したいと思ってしまうかもしれません。

 やはり性別というのはあまり気にせず、むしろ意識してフラットに接することを心がけた方がいいでしょう。

デスクやファッションの個性の出し過ぎに注意

 最後は、誰かに対してではなく、自分に対して注意しておきたいことを紹介します。

 女性の場合、どうしてもデスク回りやファッションで個性を出してしまいがち。入社後はそうした個性の発揮は少し控えておいてください。

その会社の雰囲気に馴染まない可能性もありますし、すぐに自分を出しすぎることで反感を買う恐れも出てきます。

 仕事で結果も残していないのに個性だけ発揮していれば、他の社員たちに首を傾げられても仕方ないでしょう。社内で浮かないよう、しばらくは個性を抑えておかなければなりません。