女性の転職と退職前の有給消化

退職時に有給休暇を申請できるのか

 退職が決まっている女性が有給休暇を申請したとき、企業側はそれを拒否することはできません。これは、労働基準法第39条で保証された権利です。ただし、退職に際して有給休暇を取る場合でも、出勤率80%以上という要件を満たしている必要はあります。

 企業の中には、退職する女性に対し、未消化の有給休暇を申請しても、許可を渋るケースがあるのも事実です。後任人事の問題など、業務に関わることが理由の場合もありますが、感情的な問題で嫌がらせをするケースもゼロではありません。

 有給休暇の買い上げを条件に勤務を続けることを依頼する企業もあるので、どう対処するかを考えておく必要があります。直属の上司が許可しない場合は、その上の職位の上司か総務部に相談し、相談相手が社内にいない場合は、労働基準監督署などで話をしてみると良いでしょう。

有給消化をするためのポイント

 とはいえ、たまっている有給を消化するためには、辞める方の準備をきちんと行っておくことも重要です。まず、退職日を会社側と話し合う際、有給消化に必要な期間を含めた日程を提示することです。そのためには、自分がとれる有給休暇日数を把握しておくことが前提になります。

 また、身辺整理や引き継ぎにも時間を要しますので、それが会社の繁忙期や決算期などと重ならないように調整するのも、退職する側のマナーです。有給消化という権利を主張するからには、業務の引き継ぎという義務を果たすことが大前提です。

 自分の都合だけでなく、会社側の要望もきちんと考慮したうえで、退職日を設定できるように話しあいましょう。そうした歩み寄りが、円満退職には不可欠なのです。