女性の転職に必要な5つの流れ

 男女平等とは言われるけれど、未だに男性優先の傾向がよく見られる日本社会。完全に平等としている企業もありますが、この状況下で女性が転職を勝ち取るには、正しい情報を手に入れてスマートに立ち回る必要があります。

自己分析や転職率の計算を入念に

 転職活動を始めるのなら、自己分析や転職率の計算をしっかりと行いましょう。自己分析からは履歴書に書く内容や面接の受け答えのヒントを得ることができるし、転職率あるいは離職率からはどれだけの人が転職しようとしているのか分かるからです。
転職は計画的に行う
自分の市場価値を調べる
ライフプランを考慮したタイミングをはかる
電話の苦手意識なんて簡単になくせるんです!転職活動の一環としてオススメの克服法は?

女性向けの求人情報媒体もおすすめ

 転職をするにあたって活用できる求人情報媒体は数多くあります。その中でも女性向けの求人サイトなどの活用を考慮に入れると転職を通常より有利に進められるかもしれません。産休や育児休暇について詳しく記載している求人も多いため女性にとっては安心です。

求人情報媒体はしっかり選ぶ
転職サイトのスカウト機能も使う
転職エージェントも使う

事前に勉強をしてから書き始めよう!

 履歴書や職務経歴書といった書類を、何の勉強もなしに書き始めるのは大変危険です。応募書類の書き方にもノウハウというものが存在するからです。必ず書籍やウェブサイト、セミナーなどを参考にしながら「勝つための」応募書類を書けるように準備しておきましょう。

履歴書で見られるポイントとは
職務経歴書で見られるポイントとは
応募書類を送る際のマナー

答えにくい質問にスマートに応じるには

 新卒対象の就職活動とは異なり、転職活動で圧迫面接が行われることは少ないものの、やはり「答えづらい質問」というものはあります。女性に対して厳しい質問をしてくる面接官もいるでしょう。しかし面接の質問をあらかじめ想定して答えを用意しておけば難を逃れられます。また厳しい質問も自分を売り込むためのチャンスと思えばスマートな答えが湧いてきます。

面接対策で結果に差が生まれる
逆質問も有効活用する
志望動機は企業ニーズに合わせる

入社する前に確認したいこと

 内定を受け取ったらまずは契約書の内容にじっくりと目を通し、転職活動中に聞かされていた待遇と契約書内の内容に違いがないか確認するようにしてください。特に本当に正社員としての採用かどうかについては注意して読むようにしましょう。

入社を決めるチェックポイント
円満退職をするために
逆質問も有効活用する
女性の転職と退職前の有給消化
転職活動者が内定を辞退することになったらどうする?
女性だからこそ気をつけておきたい入社後の注意点とは?