情報収集をする上で必ず確認しておきたいこととは?

休日について必ず確認しておきたい

 仕事の募集を見る時に、まず休日についてどうなっているのかと言う事をしっかりと確認しておきましょう。週休2日制と書いてあっても、実は1日程度しか休めない会社も非常に多く存在しています。

 これは、1ヶ月に1週は2日休める週があるという事を表しているだけで、毎週休めるというとは限りません。周りのシフトなどの事情に合わせて、どうしても休日がカットされてしまうことが多いそうです。

 どうしても週に2日は休みたいのでしたら、「完全週休2日制」という募集を選びましょう。1週間のうち必ず2日は休めるという応募になっています。シフト制で休日が決まる場合にも、何曜日に休めるのか、月に何回休めるのかをしっかりと確認しましょう。

 近年は、土日も仕事をする会社が増えていますので、一般企業や学校の休みと同じように休めない可能性もあります。ライフスタイルや周りの環境に合わせて、休みなどは必ずチェックしておくべきです。

残業はどのくらいあるのかを確認する

 残業時間はどれくらいあるのかも、女性が仕事を探すうえでとても重要な情報ですね。あまり遅い時間に帰宅するのは、女性として治安を考えると怖い思いはしたくないはずです。また、一人暮らしや家族がいて家事もこなす方でしたら早めに帰りたいはずです。

 ここで注意したいのは、勤務時間だけ見ても実際の労働時間ははっきりと把握できないという事です。勤務終了時刻は17時・18時と比較的早い時間になっているのに、多くの社員が暗黙の了解で残業をしている企業も多いです。毎日、2時間も3時間も、場合によってはそれ以上残業をさせられているようでは困ってしまいますよね。

 家で残業をしたいと言っても、仕事を持ち出させてくれない企業もあります。残業が多くあるとプライベートにも影響しますし、ライフスタイルが大きく乱れてしまいます。

 一方で、最近では「残業0分」と言うように、徹底的に社員を会社に残らせない企業も出てきています。どんなに仕事が残っていても、業務終了後には仕事をさせないお約束のある企業もあります。

 小さな子供がいる方、家事をこなさなければならない方は、こういった企業に応募をするといいのではないでしょうか。早く帰れる企業に応募をしたのに、残業が多くて結局帰宅時間は真夜中・・・となってしまわないように、しっかりと残業時間を把握しておきましょう。