転職活動者が内定を辞退することになったらどうする?

内定辞退の可能性を伝えましょう

 ひとつの企業に応募し審査を受け、不採用がハッキリしたら次の企業に応募し審査を受ける…。こうした活動の仕方は効率的ではありません。面接日をまとめたり一定期間内に収めたりするなどの転職活動の効率化を図ろうとすれば、ひとつの企業から内定を受け取ったものの他の企業も面接を受けたり、あるいは同時に内定をもらうなんてことも出てくるかもしれません。

 内定辞退の可能性がある時には、それを伝えておいた方がいいでしょう。内定をもらった時にすぐに承諾するのではなく、考えさせて欲しいという旨を伝えればOK。ただ、この時にはいつまでに承諾するのか、あるいは辞退するのかも伝えておくこと。数日以内に返事をするということも一緒に伝えないと、相手に対して失礼です。

内定辞退の申し出は即伝えること

 内定辞退が決まったら、すぐに企業の人事担当者に連絡を入れましょう。気持ちが決まった途端に連絡を入れ内定辞退を申し出ないと、これも相手に対して失礼。早ければ早いほどいいので、一刻も早く内定辞退を伝えるようにしてください。

 もちろん、早朝や夜中に連絡をすべきではありませんが、いろいろな企業の内定を抱え、後でその中からひとつを選べばいいというような考え方は絶対にせず、それぞれの企業に対して答えを出しながら転職活動を前へと進めていかなければなりません。

 このタイミングを間違えると、内定を辞退した会社がもし同業界で他の会社と繋がっていた場合、あなたの転職活動にも悪影響となることがあるので、万が一にでもこうした可能性を残しておかない意識が求められます。

辞退する旨のみを伝えればOK

 内定を辞退することにしたら、それをどう伝えるのかも悩んでしまうかもしれません。

 基本的には辞退する企業の人事担当者に電話をかけ、そこで内定辞退の連絡を入れます。この時、ごちゃごちゃと何か細かい言い訳や理由を伝える必要はありません。内定を辞退する旨のみを伝えればOKであり、むしろそうしなければならないのです。

 内定辞退の意志のみを伝えると言っても、申し訳ないという気持ちはしっかりと表しましょう。声や言い方にそうしたものが出せれば、特に咎められることもなく、すんなりとそのやり取りを終えることができるはずです。