電話の苦手意識なんて簡単になくせるんです!転職活動の一環としてオススメの克服法は?

適度なマニュアル化

 電話で話す内容というのはさまざまかもしれませんが、話す内容はさまざまでも、大まかなパターンというのは決まっているものです。適度なマニュアルを作っておきましょう。自分が電話を掛ける時のマニュアルと、電話が掛かってきた時のマニュアルを用意しておいてください。

 適度であることも重要です。キッチリと固めてしまうと臨機応変な対応ができなくなるためです。また、そのマニュアルは電話対応をする度に修正していくことも大事。そうすることで徐々にマニュアルが大きくなり、自分の引き出しも増え、次第にどんな電話に対しても対応ができるようになるでしょう。

見えない相手を想像する

 電話が怖いと思う原因のひとつに、相手が見えない恐怖があるようです。面と向かってであれば話せるのに、電話だとそわそわしてしまうのは、きっとそれが理由でしょう。

 であれば、電話中も相手を想像して話せばいいのです。まるで目の前に電話の相手がいるかのようなイメージを作り上げてみてください。

 会ったことがある顔見知りの人であればその人が想像できますし、会ったことがない人であれば、平穏で安心感のあるイメージの顔を思い浮かべておけば、プレッシャーもそこまで感じずに話すことができるのではないでしょうか。

突然の音に慣れておく

 電話の苦手意識を持っている人は、電話の着信音に過敏な反応を見せる傾向があります。それ自体が恐怖なのです。突然鳴る音に慣れる訓練をしておけば、電話が掛かってきても驚くことが少なくなり、ドキドキ感を抑えつつ電話に出ることができるのではないでしょうか。

 家にいる時、起きている状態の時に目覚ましが鳴るようセットしておいたり、携帯電話のアラームを、やはり何もない時に敢えて設定しておいたりすることで、予期せぬ音を鳴らすことが可能です。パソコンでも同様の設定はできますし、こうしたことを繰り返せば、突然の音に慣れ、自然と電話に出ることができるようになるのではないでしょうか。