女性の転職に欠かせないポイント特集

1.女性の転職の実情とは

 転職市場では、20代から30代前半の求人が多いと言われていますが、厳密には男女差があるのが実情です。それは、女性は男性に比べると、ライフプランとキャリアアップの両立が難しいという現実があるからです。

 キャリアアップを見越した転職を実現するためには、女性は男性より早くキャリアプランを明確にし、戦略的に準備を進めることが不可欠です。一方、結婚や妊娠・出産・育児など、ライフプランを重視して働き続けたいと思うなら、働き方やキャリアチェンジを検討するという方法もあります。

 転職活動を始める前に、相手の有無は別にして、自分で未来のライフプランを描いてみることから始めましょう。結婚するのかしないのか、子どもを持つのか持たないのか。自分の希望を明確にしたうえで、正社員としてキャリアアップを目指すのか、いずれは家庭優先の働き方にシフトしたいのかで、転職先の探し方や選び方が変わります。そうした女性特有のキャリアプランの設計を、若いうちから意識しておくようにしましょう。

2.転職市場での女性の強み

 転職市場での女性の強みとしては、働くスタイルの選択肢が豊富なことがあげられます。男性と肩を並べてキャリアアップを目指すことも、正社員としての雇用にこだわらず、家庭と両立できるパートやアルバイト、派遣社員として働くことも、女性なら可能です。これは、一般的に家庭の経済を担うのは男性であるという価値観が、いまだに日本には根付いているからこそ、できることです。

 とはいえ、景気低迷が長く続き、少子高齢化が進む日本では、男性一人の収入で家計をまかなっていくのは難しくなってきています。正社員として働くかどうかは別にして、女性も長く働き続けられるスキルや資格を持っておくにこしたことはありません。転職を考える際も、産休や育児休業の有無など、長く働ける環境が整っているかどうかは、事前に調べておくことをおすすめします。制度があっても、利用実績がない企業は避けた方が無難です。

 女性が活躍できる場は、年々広がっていますが、だからこそ、ライフプランとキャリアプランの両輪でバランスがとれるよう、転職先に求める条件の優先順位を明確にしておきたいところです。

リクナビNEXT
nextsam
詳細
★★★★★
毎週1000件以上の求人を更新しています。
利用者の声
良かった
素晴らしいと感じた点は、職種などに制限がないところ。女性が積極的に携われる職種も非常に多く、その上、女性の採用を前向きに考えている企業も多く見受けられます。私自身もそこが気に入りリクナビNEXTを使い続け、活動開始から約3ヶ月ほどで満足のいく転職を手に入れることができました。
良かった
コラム的なものが多いリクナビNEXTではありますが、特に女性リーダーたちの意見はとても参考になります。性別に関係なく成功し、活躍できるのだと感じさせてくれるんです。その上で転職活動を行えばモチベーションも保てますし、企業へのアピール方法もわかる。素晴らしいコンテンツの揃った転職サイトです。
良かった
私と同じような転職者の動向を知ることができるサービス、これは斬新ですね。これからどのような活動をすべきなのか、それを道しるべのように示してくれますから、迷っていた時には本当に重宝しました。自分のことがよくわからない、そんな人こそ使ってみるといいのかもしれません。
普通
リクナビNEXTは悪くはないんですけど、この系列の転職支援サービスであるリクルートエージェントと比べると、物足りなさも感じます。エージェントが優れすぎてるだけかもしれませんが。私はリクナビNEXTを使っていて、次第にエージェントに移行し転職しましたが、そうした使い方がいいのではと思っています。
普通
上手く活用できませんでした。使い方が悪いのか、私には向いていなかったようです。一番の理由は、別の会社のサイトとの違いがよくわからなかったこと。確かに有名人の話などは参考になりますが、転職するために絶対に必要な要素かどうかは疑問です。読み物としては面白いんですけどね、リクナビNEXTのコラムは。